ボーイングの十年の決定:それは797を構築していますか?

それは月だけですが、ボーイング社。 エグゼクティブはすでに今年の彼らの最も重要な決定の一つに閉じています:新しいジェット旅客機の家族に推定$15億を耕すかどうか。

797という愛称の航空機は、最近のエアバスの進歩に対してその製品ラインを支えながら、787ドリームライナーの2004年に発表以来、ボーイングの最初の全く新 ヨーロッパの飛行機メーカーの入ってくる上司、ギヨーム-フォーリーは、彼がカウンターの動きを明らかにする前に、ボーイングがその手を傾けるのを待ってい それは月にパリ航空ショーで可能性の高い対決を設定します。

ミッドレンジ路線での経済的な飛行のために設計された-シカゴからベルリン、またはニューヨークからロサンゼルスへ—ボーイングジェットは、長距離バジェットキャリアの新しい品種を産卵することによって空の旅を変換する可能性を秘めているだろうと思います。しかし、前進するかどうかの決定は容易ではありませんでした。 失火はノースチャールストンとシアトルの近くで作られている787ドリームライナーの販売を共食いし、ボーイングをウォール街の最愛の人にした現金賞金を危険にさらすだろう。

“他のすべてのボーイングジェットは、それが一度に明確ではなかった場合でも、かなり保証されたホームランだった、”ティールグループの航空宇宙アナリ 「これは違う。 彼らはこれに注意する必要があります。”

ボーイングのボードは、問題について説明した人々によると、月の終わりまでに新しいプログラムのケースを確認することが期待されています。 今のところ、元787プログラムヘッドのMark Jenksが率いるこのコンセプトを先導するチームは、CEOのDennis Muilenburgと財務チーフのGreg Smithと毎月会っています。

ドリームライナーの電荷に縛らボーイングの第二四半期の損失は、アナリストの予測(コピー)(コピー)(コピー)を打ちます

ボーイング CEOのデニス-ミューレンバーグ。 File/AP

‘Moonshot’

営業陣は、少なくとも五年間航空会社とデザインを微調整してきました。”新しい、中間の市場の飛行機”のための短い、Nmaとしてボーイングで内部的に知られている飛行機を作るかどうかの決定の周りのドラマ。”

“いくつかの飛行機では、技術は”moonshot”です。

“moonshot”という言葉は、ボーイングが787ドリームライナーに画期的な技術と証明されていない生産システムを搭載した後に避けることを誓ったquixoticギャンブルのために使用する用語であり、その後、大規模な遅延の後に最初の500機ほどの飛行機でお金を失う。

ボーイングとエアバスにとって、全く新しい航空機にコミットすることは十年に一度のイベントです。 費用は法外であり、遅れは標準であり、ペイオフは具体化するために年を取ることができる。 Canaccord GenuityのアナリストであるKen Herbertによると、ボーイングはNMAに15億ドル以上を簡単に費やすことができ、販売が離陸した場合、エアバスはクリーンシート設計に強制される可能性がある。

航空会社の起業家David Neelemanは、ボーイングの潜在的な報酬とリスクを強調しています。 NMAは、彼が混雑したハブをスキップし、手頃な価格で、まだ快適なフライトでアメリカとヨーロッパの間で一緒に織っているネットワークのためにオーダーメー

“私はボーイングからのブリーフィングを持っていたし、私はそれが素晴らしいと思った、”NeelemanはポルトガルのTAP航空会社、彼の保有の一つを宣伝するため 注目すべきは、JetBlue Airways、Brazil’s Azul、Moxyなどの新興企業でエアバスジェットを主に愛用している幹部からのもので、彼の最新の米国プロジェクトのコードネームです。

残念ながらボーイングのために、Neelemanはまた、エアバスが安価な代替をスピードアップするためにせっかちです。

新しいビジネスニュースレターにサインアップ

チャールストンとサウスカロライナ州を形作っているビジネスストーリー 私たちと一緒に先に取得-それは無料です。

“彼らははるかに大きなヘッドスタートにする必要があります”と彼はトゥールーズ、フランスに拠点を置く航空宇宙

英国ボーイング

ブルームバーグ/マシュー*ロイド

セールスアピール

それは何十年にもわたってスプロールする航空機の賭けを台無しにする可能性のあるダイナミクスのヒントです。 ボーイングの最大のシングルアイル、737マックス10、最小のワイドボディ、787-8を重複する飛行機の家族のための販売アピールは、ただ一つの疑問符です。もう一つは、会社が新しい製造システムからどれだけの節約を得ることができるかということです。

Muilenburgはますます確信していますボーイングは、飛行機がどのように構築されているかを予測し、追跡し、それが飛行されているかを監視する新しいデジタ

planemakerの新しい軍事訓練ジェットは、それがNMAのために見ている画期的なことを示唆しています。 ボーイングのスーパーホーネット戦闘機のために、セントルイスの工場労働者は、二つの主要な胴体部を一緒にリベットするために1日半必要です。 新しいT-Xトレーナーでは、コンポーネントは時間未満で結合されている、リアン-キャレット、ボーイングの防衛チーフは述べています。

ボーイングが躊躇した場合、エアバスは、最先端ではないにしても、ジェットのアップグレードが可能で、顧客を懇願します。 デルタ航空(株) とユナイテッドコンチネンタルホールディングス株式会社、例えば、かつてミッドレンジ飛行を支配し、老朽化ボーイング757と767ジェット旅客機の数百人を交換する必要があります。

Neelemanの関心を引き起こしたエアバスの飛行機は、A321LRジェットの比較的簡単なアップグレードであり、2023年までにNMAの二年前に準備ができています。 再設計された燃料タンクは、エアバスのシングルアイルジェットの中で最も長い範囲を与えるだろう。 4月にAirbusのCEOになる予定のFauryは、いわゆるA321XLRの決定が差し迫っているかどうか、あるいはそれが最も近い反応であっても言わないでしょう。

“我々は、ボーイングが移動する前であっても、反応する圧力の下で感じることはありません”と彼は今月初めに言いました。 “A321の市場シェアは、実際の競争がないため非常に大きく、市場の中間スペースのローエンドにサービスを提供するためにこの製品を改善し続けます。”

ボーイングの設計は、乗客に多くのスペースを捧げ、飛行機の腹の貨物に少ないことによって重量と燃料を節約するわずかに楕円形の胴体を備えてい 小さいバージョンは220人の旅行者を収容し、大きなモデルは270人まで収容し、旅行費用は今日のワイドボディ航空機よりも約40%低い。

Neelemanは、ボーイングのデザイナーがどのように革新的に胴体を回したかに感銘を受けたので、あなたは貨物からその構造をすべて運んでいません。 彼らは狭いボディの座席マイルの費用を得て、彼らがそれをやってのけることができれば甘いだろう二つの通路を持っていると主張しています。”

ボーイングは、通常、一年か二年によって航空機ファミリー内の変異体のリリースをずらします。 しかし、メーカーは、問題に精通している人々によると、交換の機会を逃すことを避けるために、同時にNMAモデルを認証することをホットしています。

797は、競争力があるためにエアバスの製品の間のどこかに価格を設定する必要があります。 A321LRはすべての添えもので約60万ドル、ワイドボディのA330-800は通常約100万ドルで販売されている、とFlight Ascend Consultancyの評価責任者であるGeorge Dimitroffは述べています。

“私は間違いなく航空機の需要があるだろう持っている、”ディミトロフは、”低コスト、長距離サービスのための新たな機会を指して、言いました。 私はNMAがそれをさらに一歩踏み出すと思います。”

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。