COPDにおける気管支拡張剤の可逆性:気道過敏性のローグイッシュだが無害な弟?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)における気道過敏性(AHR)は、疫学的な文脈でよく記述されており、一貫した結果が得られている。 AHRは陰性の予後マーカーであり、1秒間の強制呼気量の加速低下(FEV1)1-3に関連し、おそらく死亡率の増加と関連していることが知られている4。 個々の被験者におけるAHRの存在はほぼ一定である。 したがって、メタコリンに対する応答性を5歳離れた二つの時点で測定した肺健康研究(LHS)では、参加者の17%が≥2濃度5によって応答性を変化させた。 禁煙はAHR5に有益な効果をもたらすことが報告されており、AHRのレベルが高い喫煙者はFEV1 6の点で禁煙からより多くを得るようである。COPDのAHRの「hows」の多くが知られていても、「whys」はまだ回答されていません。

AHRが本当に喫煙に対する感受性を示しているのか、オランダの仮説に沿っているのか、それともCOPDの進行を単なる反映しているのかはわかりません。 AHRは、喘息の場合とは異なり、現在の治療に耐性があり、COPDにおけるAHRに関連する基礎となる気道生物学についてはほとんど知られていない。

Copdにおける気管支拡張剤可逆性(BDR)も広く研究されているが、AHRよりも複雑で混乱した結果がある。 BDRを検査する際の重要な問題の一つは、それが個々の患者における一定の特徴ではないということです。 BDRの被験者内の大きな変動は、患者の≥50%が研究訪問の間に応答者の状態を変化させた中等度から重度のCOPDで示されており、Anthonisen et al.による研究に見られるように、軽度のCOPDを有する被験者でも注目されている。 欧州呼吸器ジャーナルの現在の問題で8。

COPDにおけるBDRと予後との間の可能な関連性には多くの関心があったが、かなりの数の研究にもかかわらず、明確な画像は解明されていない。 いくつかの研究では、可逆性がFEV1の低下1、9の点で不利な予後のマーカーであることが判明しているが、他の研究では反対の2、10を発見している。 死亡率に関しては、ある研究ではBDR11の良好な効果が示されているが、他の研究ではbdrが死亡率10、12に影響を与えていないことが示されている。 BDRは、異なる用語で表すことができる:例えば、絶対値として;ベースラインFEV1に対する相対的;予測FEV1に対する相対的;またはさらに高度な方法で。 これによる統計モデルの3-4倍の増加は、しばしば明快さよりも混乱をもたらしました。

LHSからのデータセットは、サンプルサイズとフォローアップの長さに関してユニークであり、近い将来、軽度のCOPDにおけるBDRの画像がAnthonisen et al. 8月号に掲載されました。 Anthonisen et al. 8は、最初の5歳のために毎年可逆性テストで、11歳のための軽度のCOPDを持つ4,194人の被験者に続いて、再び6歳後。 さらに、メタコリンとAHRは、ベースラインで測定され、フォローアップの11歳全体の喫煙状態が記録されました。 したがって、FEV1低下の観点から予後に及ぼすBDRの影響を調べること、BDRの経時的な変化を調べること、BDRの変化、喫煙習慣の変化およびベースラインAHR

この研究からの主な結論は簡単に見えます。

Anthonisen et al. 図8に示すように、ベースライン気管支拡張薬の応答は、1歳から11歳までの気管支拡張薬FEV1のデータによって評価された、その後の肺機能の低下に関連していなかったことがわかった。 この観察は、ヨーロッパにおける閉塞性肺疾患における吸入ステロイド(ISOLDE)研究7のデータに従うが、間欠陽圧呼吸(IPPB)試験1 0のデータに従うものではない。 後者の研究と比較して、lhsは、より多くの患者、実質的に長いフォローアップ、および予後に対する気管支拡張薬応答の効果を調べることに関して、より適 LHSの調査の顕著な発見はフォローアップの第1yrの間に気管支拡張剤の可逆性のマーク付きの増加だった。 増加はすべての喫煙層で観察されたが、持続的な禁煙者のグループでは間欠的な禁煙者および連続的な喫煙者よりもはるかに大きかった。 喫煙と気管支拡張反応との間の横断的関連は以前に報告されており10、気道炎症を減少させることによって禁煙が”気管支拡張の可能性”を媒介すると推測することができる。 実際の可逆性は大きくなく、平均可逆性は111mLであり、ベースラインFEV1の4.3%に相当する。 したがって、LHSからの知見は、平均相対可逆性が20%のオーダーであった大規模な投薬試験のいくつかに入力されたもののような、より進行したまたは可逆

LHSからの可逆性データをより徹底的に調べると、より多くの混乱が残っていることが明らかになります。 AHRとBDRが同じ根底にある気道異常を反映していると仮定される場合、断片をまとめることは困難である。 BDRとA H Rは、予想されるように、正の相関を示した。 しかし、禁煙はAHR5のレベルを低下させたが、同じ集団におけるBDRのレベルを増加させた。 BDRは年齢とともに減少したが、AHR5の場合は反対であった。 疾患進行はAHRとBDRの両方で増加し,継続喫煙者のデータから判断した。 最後に、AHRのベースラインレベルは、FEV1のその後の減少の強力な予測因子であった。 前述のように、これはBDRの場合ではありませんでした。

慢性閉塞性肺疾患における気管支拡張剤の可逆性に関する上記の結論から意味をなすことができますか? いくつかの問題では、より明確な画像が現れます。 慢性閉塞性肺疾患の予後因子として気管支拡張剤可逆性を捨てることができるようになった。 気管支拡張薬の強制呼気量を1秒で制御した場合、可逆性のレベル自体がその後の肺機能の低下または死亡率と関連しているという説得力のある証拠はありません。 実際、慢性閉塞性肺疾患における可逆性のレベルは予後にとって重要ではないという説得力のある証拠があり、この声明は疾患の重症度のレベルに 慢性閉塞性肺疾患における気道過敏性と気管支拡張剤可逆性の異なる”行動”については、それらに共通するものがあると結論づけることができるが、 彼らは非常によく兄弟であるかもしれませんが、気道過敏性が成長し、その悪い性格を示すように、気管支拡張剤の可逆性はまだ私たちと一緒に遊んで

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。